菌は地球を救う♪
滋賀県でパン屋をやってます。
菌をこのなく愛するパン工房まひろの郁子です。
菌は地球を救う話はこちら

 

新年あるある

「今年はブログを頑張ろう!」

もれなく、私もそんな気持ちになりました(笑)
今年最初の雑記のテーマは…

 

「小さなおうち起業って、メリット多いんじゃない?」

 

2021年の後半で、ふと気になったことがあったんです。

お世話になってる経営者の方、二人が口にした言葉です。

 

「好きなことをまい進出来るの、いいよね。
子どもは、経営者じゃなくて単なる技術者でいてほしい。」

 

「本当は、店舗を広げるんじゃなくて
夫婦二人で小さなお店にしたほうが、やりたいことが出来るんだよね。
だから、大部さんのやり方って良いですよ。」

 

ちょっとだけ、うらやましそうにポロリとこぼれた言葉。
全く違うタイミングで、それぞれの経営者の方からこぼれた言葉。

 

もちろん、じゃぁ私規模でやりたいか?といったら答えは間違いなくNOだろうけれど…
それでも、好きなことを好きなように続けていく姿に、なにか感じることがあったようです。

 

会社をもつこと。大きくすることは、私には未経験の境地なので
そのやりがいや、達成感、手にしているメリットの大きさは分かりません。

 

大きいからこそ、自由に動けない部分が出来てくるもの確かなことなんやろなぁと
苦労の部分も、想像することしかできません。

 

私から見れば、どんどん大きくなってすごい!という方からこぼれた言葉を聞いて
しみじみと考えました。

 

小さなおうち起業のメリット

 

  • 最低限の投資で始められる
  • 家賃というランニングコストの心配が少ない
  • 自由度が高い
  • 自分の好きなことに集中できる
  • 全て自分での采配なので宣伝、製造、接客、数字など総合的に作り上げる達成感

 

改めて考えてみると、メリットが沢山あるやん!!!

 

当たり前すぎてメリットだなんて思ったこともなかった!(笑)

 

特にね、最後の自分の好きなことに集中できる

これ、メリットの中でもかなり大きいことなんじゃないかなぁ?

 

だって、好きで始めたことやしね

 

好きなことを、好きなように続けていけるのって
最高に幸せなこと。

 

私にとっては、このやり方がベストだったんやなぁと
今なら心の底から思います。
そう思えるようになるまでは、何年も心の中でモヤモヤを抱えていたけれどね(笑)

 

次は、小さなおうち起業のメリットの詳細を分析します。