菌は地球を救う♪
滋賀県でパン屋をやってます。
菌をこのなく愛するパン工房まひろの郁子です。
菌は地球を救う話はこちら

 

星読みパンBOXの内容・お申し込みはこちら

 

昨日は、京都まで行ってきました~

といっても、遊びじゃありません。

現在、泉有華子ママのコンサルを受けています。

 

その講習を受けに行ってきました。

 

急遽決まったレンタルスペースはとっても個性的で刺激的!(笑)
でも、完全個室なので凄く良かった!!

 

 

私はポンコツなので、しょっちゅう揺らいでしまったり
悩んでしまったり、立ち止まってしまうんですが

「仕事」としてやるのだから
もうすこしきちんとしなくちゃ!と思いなおしたのが
今年の春。(遅っ)

 

長いこと、これでいいと思いこんでいたし
自分の弱点や欠点から目をそらしていたからなぁ…

 

パンの技術的なことだけじゃなく
正当な利益のこととか、スケジュールの立て方や
お客様に求めてもらえる商品設計
告知方法の上手な使い方
自分自身の強みの活かし方

 

今現在の私をテコ入れして
さらなる可能性がどこにあるのか?ということを

 

現在さぐりながら、学びを深めている状態です。

 

“自分の強み”

これね、本当に難しい
なんせ、自分じゃわからない!!

 

でも、小さいながらも続けてこれた経験は
誰かの役に立てるのではないか?という可能性が見えてきました。

 

金曜日の販売日の時の出来事です。

 

お二人で立ち寄ってくださった方。
一人の方は、在宅でお仕事をしている個人事業主。
もう一人の方も、手作りが好きで仕事に出来ないかなと思っているとのこと。

 

現在は布小物を作っているけれど
ゆくゆくは、お菓子とかもやりたいという希望を持っている方でした。

 

時々、自宅の小さな工房でやっていると
どうやってるのかな?と思っている方が立ち寄られます。

 

自分のやってみたいことや
好きなことを形にするということは
本当に素晴らしいことだし
規模の大小にかかわらず、チャレンジしてほしいと思っています。

 

人生の彩りが、より鮮やかになることは間違いないから。

 

でもね

 

やっぱり、現実問題、厳しい部分もあるんです…。
特に食べ物を扱う仕事は、賞味期限や廃棄の問題
営業許可の問題、ご家族との関係もあるから
ハードルが高い…。

 

自分自身が、何も考えずにしんどい思いや
辛い思いも沢山してきたせいか

 

つい、厳しい話からしてしまうんです…
厳しいことに立ち向かう覚悟があれば
どんなことでも、やれるから。
むしろ、頑張ってほしい!というエールの気持ちもこめて
(完全昭和な根性論・汗)

 

大変なこともあるだろう
でも、やりたい!やる!!
そんな気持ちは、120%応援します!!!

 

聞いてる私もワクワクする!!

 

とはいえ
厳しい話から始めるのはあかんかったな…と
有華子ママとの話から思いました。

 

何を厳しい・大変だと思うかはそれぞれやし
夢や希望をもっているのなら

 

まずは、寄り添ってあげることが先やったな…と反省しております。
今、ここで謝ります。
ごめんなさい…。

 

厳しいことも、大変なことも
やってみなきゃ分からない。

 

他人から見て大変なことも
本人にとっては、楽しいチャレンジなのかもしれない。

 

もう少し、寄り添って話を聞けばよかったなと
自分の器の小ささを痛感した出来事でした。

 

まだまだですわ、私(苦笑)