子供に謝るということ

菌は地球を救う♪
滋賀県でパン屋をやってます。
菌をこのなく愛するパン工房まひろの郁子です。
菌は地球を救う話はこちら

 

星読みパンBOXの内容・お申し込みはこちら

 

 

最近、気が付くと子供に謝ることが増えてきている!

ここは謝らなくちゃ!という気持ちになることが増えているんやな。

 

といっても、とんでもないことをやらかした!とかじゃなくて(笑)

 

「小学生の時に持たせられた、お母さんが準備したお菓子は
友達に甘くない!味がない!って言われたなぁ。」

とか

「もっと小さい時から楽器をやっていたかった…。」

 

とか

 

過去のことの振り返り呟かれるんです。

 

別に、めっちゃ嫌やってんで!!!とか
あの時、めちゃくちゃ我慢したんやで!!!とか

強い非難ではないのだけれど

 

ぽろりと呟かれる。

 

特に、甘くないお菓子については何回か言われてましてね…

 

今でこそジャンクも何でも好きに食べたらいいや~んと思うし
実際に私が率先して食べる時もあるけれど

 

あの頃は、健康的なものを!
少しでも体にいいものを!っていう思考回路の時期やったから

 

素朴なお菓子や手作り(甘さ超控えめ)が多かった。

 

何度かそれを言われてね

 

その時その時で、私はそれが良いと思っていたんよぉ~と軽く受け流していたんです。

 

実際にそう思っていたし

 

何回かキーワードのように出てきてハッと気が付いた!!!

 

ちゃうやん!

これは、私がきちんと子供の気もちに寄り添って謝るところやん!

 

気づいたから

きちんとしっかりと、謝りました。

 

ごめんね
嫌やったんやね。
友達にそんなこと言われていたんやね。
ごめん。

 

その時の子供の顔は忘れられません

 

私の気もちがしっかりと向いていること
きちんと過去の気もちに寄り添って謝ったこと

 

だから

 

澱のように心にあったものが
消えていくかのような、そんな表情。

 

過去にあった出来事を消化すること。

 

楽器が習いたかったということも一緒です。

私自身が、この子は音楽が好きやなぁ~と小さなころから思っていたのに
与えてこなかった。

 

なんらかしらの形で触れさせてあげたらよかったね…
お母さん、気づいていたのにやってあげられなかった
ごめんね。

 

二人とも、別にいいけどねって言葉では言うし
頭では十分に分かっていることです。

 

過去は変えられないし
色んな思いや事情があることも。

 

たいしたことじゃないことも十分に理解しています。

 

それでも、ふと口からついて出てきたことは
きっと私が母親として向き合ってあげなかったこと

 

 

過去の清算。

 

そうかぁ~

 

あと1,2年で母のもとから巣立つ子供たち。

 

だから今なのかな?

 

小さな心を痛めた小さな出来事を清算・消化してるのかな?
そうやって飛び立つ準備をしているのかな?

 

本人たちは、何一つ自覚していないやろけれど
この視点は私の妄想でしかないけれど(笑)

 

親としてやってあげよう!大事だ!と思ったことが
子供にとって良いことだけになるわけじゃありません。

 

もちろん
親も人間だから、間違いも沢山沢山あるし
あっていいと思ってる。

 

子供だって失敗するし間違うし
反抗するのが当たり前。

 

人間だもん(笑)

 

未熟な人間同士のぶつかり合いの中で
成長するんだろうなぁ~
親も子供も

 

間違ったのなら、気づいた時になおせばいいし
謝って寄り添ってあげればいいんやしね。

 

あと少しの子育て

 

次はどんな気付きを私に与えてくれるのか

 

子供の成長がたまらなく嬉しくもあり
頼もしくもあり、ほんの少しだけ寂しくもある冬の朝。

 

11月に行った新宿御苑の温室で