小学生がやってきた!

菌は地球を救う♪
滋賀県でパン屋をやってます。
菌をこのなく愛するパン工房まひろの郁子です。
菌は地球を救う話はこちら

 

星読みパンBOXの内容・お申し込みはこちら

 

 

昨日は近くの小学2年生が来てくれました!!!

 

優しいお母さんの顔してるやん!と自分で照れる・笑

 

町たんけんの学習

 

小学2年生が校区にあるお店や会社などの見学してインタビューする学習です。

自分たちが暮らしている町にはどんなところがあるのかな?
行ってみて、見学して、お話を聞いて
質問をして…町の暮らしや仕事についての学習です。

 

去年も迎え入れていました。

 

今年は2回目なので、気持ちに少し余裕があります!

 

去年はほんまに緊張してソワソワしていたからなぁ(笑)

 

今年は12人の子供たち!

 

元気な挨拶からのスタートです。

 

小学2年生
ほんまに可愛いわぁ~~!!!!

 

まずは、一発目に質問コーナーにしてもらいました。
引率の先生、ちょっと慌てる…すんません(笑)

 

酵母パンというパン屋の説明は
なかなか難しいので…小学2年生の子供たちにはちょっと難しいかなと思ってしまうのです。

 

なので、まず質問をしてもらって
関心があるところや、知りたいポイントを探ります。

 

1人1つずつの質問!

 

  1. 何人で働いているんですか?
  2. 工夫していることはなんですか?
  3. どんな機械をつかっていますか?
  4. 何年から始めましたか?
  5. 朝何時から働いていますか?

しっかりとした質問ですやん!

 

今年の子供たちからの質問で
最後の質問が、なかなかパンチが効いてます!!!

 

「1日にお金は何円くらいたまりますか。」

 

おぉ!小学二年生から、お金の質問が飛んでくるとは!(笑)

 

月に、2回か3回しかお店を開いていないことを説明してから
30で割って…だいたい一日500円くらい??という話をしました(爆)

 

そうすると、他の気になることが出来るんですよね~

 

「誰から、お金をもらうんですか?」

 

「お客さんから…じゃなくて、お給料のことかな?」

 

こくんと頷く男子。

 

一人でやっているから、不思議やったんやろね~

 

パンを売るとお客さんからお金をもらいます。

そのお金から、材料を買ったり
お水を使ったり、電気を使うお金がかかります。

 

残ったお金がお給料になります。

一人でやってるからね
パンを作るのも計算をするのも
全部おばちゃん一人なんやでぇ~

 

驚いたと同時に納得してくれた!

 

きっと集まってくれた子供たちのお家の人たちは
会社で働いている人が多いと思う。

 

私みたいな小さな個人事業主は不思議な存在なんやろなぁ。

 

まったく分からない世界を覗き見てる感じがして
すごく可愛い反応が多かった!!!

 

工房の中のオーブンやパンを捏ねる機械を見せてあげて
様々な角度からの質問に答えました。

 

面白いなぁ~子供って!!!

 

こうやって、私の話を聞くことで
大きくなってから「好きなことを仕事にする」という思いを持つ子がいてくれたらいいな。

 

子供にとって、世界の中心は家庭や学校です。

 

そこで触れる世界や価値観が全てになります。

 

だからこそ、家庭や学校から飛び出して
こうやって様々な場所で話を聞くことで
子供自身が見つめる世界が広がってほしい!!!

 

とてもとても可愛い子供たち
素晴らしく楽しい時間でした。

 

子供たちと接する機会があるときに
しみじみと思うことがあります。

 

私が、母として生きてきた時間
出来ないながらも、必死で我が子と向き合ってきた時間
(私なりにやけれどね)

 

母として地域や他のお母さんたちと関わってきた時間

 

学校の役員や地域の役員をやることで
視野が少し広がったと思っています。

 

母だからこそ知ることが出来た世界
広げることが出来た視野。

 

沢山の人たちが…
お母さんも、お父さんも
おじいちゃんも、おばあちゃんも
学校の先生方も
地域で見守り活躍してくれてる人生の先輩たちも

 

それぞれの思いを抱えながら
みんな、頑張ってる!!

 

それを知るだけでも、心が広がる気がするのです。

 

やってきて無駄になることなんて何一つないですね!

 

貴重な機会を与えてもらって本当に感謝です。

 

ありがとうございました♪

 

 

 




エルセーヌ「やせる道場?」エステ体験行ってみた!