湖香六根へ

菌は地球を救う♪
滋賀でパン屋をやってます。
菌をこのなく愛するパン工房まひろの郁子です。

 

昨日は、午前中に一年の総締めくくりとして
お顔の手入れをしてもらい
お肌プルプルになりご機嫌さん♡

 

そのあと、東近江の湖香六根へ

湖香六根

 

先日の、くさつFarmers’Marketで久しぶりにお会いした杉本さん
FaceBookには魅力的な猪肉が!!

 

お肉画像はこちら

 

で、あつかましくも分けてほしいとお願いして
受け取りに行ってきました~

 

少し早めについたので、街中を散策

 

古い古い五個荘の町並みは
冬の静かな空気に満ちていました。

美しい歴史ある空気

 

ゆっくり散策するなんて、なんて贅沢な時間やろう!!

 

ふと視界をかすめていったのは
青いルビー色のキラキラしたもの。

 

なんやろ?と思ってみてみると

 

な、なんと!!!
カワセミ!!!!!

 

 

えーーー!住宅街にカワセミ!?!?

そーっと近づけるだけ近寄って…
スマホの拡大ズーム限界で写真をとりました。

きれいな空気に、きれいな鳥
新月の日に、ものすごい贈り物をもらった気分やわ。

 

 

湖香六根の杉本さんとゆっくり話すのは本当に久しぶりです。

 

出会いは10年位前!?
おたがいよく続けてこれたよね~と笑いながら
栗東すいらん → 尾賀商店すいらん → 湖香六根と
その経緯を聞かせてもらいました。

 

料理人として、起業家としての杉本さんの話は
ただただ感動感服です。

 

どんな思いでやってきたのか
年月がたつことで変わってくる思い
そして、これからの仕事の方向性

 

お話の中で出てくるのは

 

「これからの地域を支えること」
「これからの子供たちを支えること」

 

今は、三方よしではなくて四方よしだよと

 

四方よしとは…

 

「売り手よし、買い手よし、世間よし、100年後よし

 

より広い視野で
より先を見通して

けっして、自分だけじゃない
相手だけじゃない
今だけじゃない

その思いを、どうやって形にするのか?
しかも杉本さんの場合は

 

「どうやったら面白ろなるかなぁって考えてるねん」

 

もうねぇ、ほんまにすごい!!!

 

自分がいかに甘ちゃんでゆるゆるなのかを痛感して
静かにへこむ…

 

一人でやるには限界があるから
まわりを巻き込んで、面白いことやりたいねん!と

 

聞かせてもらう様々な構想はどれもワクワクするもので…

 

パン屋やめるから雇ってください!!と本気で言いたくなった(笑)

 

今、私はくさつFarmers’Marketにかかわっています。
そこでも同じように

 

いかに、出店する人たちが満たされるか
お客さんが満たされるか
野菜や食べ物やナニカを作るということで見えてくる

地球の未来を満たすこと

 

この満たすことは、経済活動だけじゃない
数字やデータで測ることができない
目には見えない空気感も含めて!

 

それを求めていこうという話になっています。

 

それを継続することで

 

物品のやり取りだけじゃなくて
お金のやり取りだけじゃなくって
みんなの心のこもった交流や温かさ

 

そんな場であってほしい
そんな場であれば、残っていくよね!と
残っていくというのは、未来に繋がっていくということ。

 

くさつFarmers’Marketは、そんな場を目指していこう!となりました。

 

なんやろねぇ~

この記事書きながらウルウルしてきた(笑)

 

だってさぁ
独り勝ちしたい人が多い中で
横取りするような搾取が当たり前にある中で
自分のことしか考えられない人が多い中で

 

杉本さんも
くさつFarmers’Marketも
求めていく世界の根っこの一番大事なところにあるのは

 

ワクワクするほどの愛やんか!

 

陳腐に聞こえるかもしれないけれど
他者を未来を思う気持ちは、間違いなく愛だと思う!

 

その熱いほどの思いに
心が震えて感動する。

 

関わる全てのこと
これからの未来のこと
未来を明るくすることは
子供たちへ残すことも明るくなること

 

繋がっていくこと
繋げていくこと

 

私も、そんな何かを繋げていけるように
背筋を正して
ワクワクしながら進んでいこうと思いました!

 

年末に、素晴らしい時間を持つことができました。

 

ありがとうございました。

 

 

譲ってもらった猪肉は2.7kgほどのロース♪

 

むふふふ

 

スモークハムにする予定!!!