外国産オーガニック小麦で試作 その3

菌は地球を救う♪
滋賀でパン屋をやってます。
菌をこのなく愛するパン工房まひろの郁子です

 

外国産のオーガニック強力粉

試作 その3!!!

 

今回は、むっちゃいい感じに焼きあがりました!

じゃじゃーーん!

 

 

水分量を調整してみました!

生地がちょっと固いかな?という感じだったけれど
焼きあがってみたら問題なしです!

 

 

う~~ん
美しさを感じる!!(笑)

 

今回の試作で改めて思ったことがあります。

 

それは

酵母パンを焼くなら

酵母のコンディションがいいことが
最優先!!!!

 

そんな

嫌になるくらいに当たり前のことです(恥)

 

自分でもなぜ今回の酵母のコンディションが良かったのか
実はよく分かっていない…(汗)

前回と今回で変わったところは

  • 元種の保管場所が冷蔵庫→野菜室になったこと
  • 中種が十分すぎるくらいに発酵させていたこと

 

この2点!

思い当たることはあるので
ちょっと実験してみようかなぁ~と思っています。

 

 

パンは発酵食品です。
その発酵というものを支えているのが
この場合は、酵母ちゃん達です。

 

その酵母ちゃん達が元気に活躍してくれないと
そりゃぁ良いパンにはならんわな。

 

ドライイーストの消費期限が過ぎていて
発酵力が弱くなっていたら
良いパンは焼きあがらないやろ。

 

乳酸菌が活発でない糠床は腐敗してしまうやろ。

 

それと同じことですわ。

 

まずは、元気な酵母を育てる!!!!

そしてその上でパンを作るための技量を磨き
見極めをきちんとする。

 

 

自分が求めるパンってどんなの?という
自分の中のゴールに向かって
微調整を繰り返す。

 

トライ&エラーは当たり前で
予想とは全然違うことも多々あるわけで…

 

なんなら酵母パンを作るときの
心の問題もあったりする。

書いていて嫌になるくらいに…

面倒くさい!!!!

 

その面倒くささや
時間がかかってしまうこと
決して自分の思い通りにならないところ

 

まぁ、生き物と共に歩むのは面倒くさいもんですわ。

全てが酵母パン作りの魅力だと思います♡

 

 

 

 

北海道地場の味